幹細胞の点滴は再生医療の一つ

主に使用されるヒト幹細胞培養上清液とは

幹細胞点滴での再生医療で使用されるのは主に、ヒト幹細胞培養上清液というものです。
ヒト幹細胞培養上清液は体内に存在する幹細胞を培養して、その培養液から幹細胞を採取して滅菌などの処理を行ったものの上澄液のことを言います。
上澄み液には細胞の成長因子の1つ、サイトカインという物質が含まれており、その物質が細胞に働きかけることで組織の再生を促すことで様々な効果を発揮します。

他に含まれている成長因子には組織修復の効果があるbFGF、しわ改善のEGF、皮膚細胞の再生作用があると言われているPDGF、コラーゲンやエラスチンの産生作用が期待できるIGF-1、そしてしわの予防のVEGFなど多数挙げられます。

サイトカインを含むを薬剤を、直接点滴によって静脈へとダイレクトに入れるのが特徴的な治療です。
血管は全身に張り巡らされているので、体の隅々にまでヒト幹細胞培養上清液を行きわたらせることができます。

幹細胞点滴での再生医療で期待できる効果

幹細胞点滴での再生医療をおすすめしたい方として、身体の不調を改善したい・若々しさを取り戻したい、しわ・シミを改善しアンチエイジング効果を得たい、アレルギー体質で悩んでいる、関節の痛みを良くしたい、薄毛、脱毛がコンプレックスというケースです。

点滴で入れる薬剤には成長因子が多数含まれているので、肌の再生などを促しアンチエイジング効果が期待できます。
様々なホルモンの分泌を促し代謝アップの働きもあるので、年齢を重ねたことによる体力低下や体調不良の改善にも有効です。

頭皮に直接注入する再生医療だと、毛を作る毛母細胞を活性化させ育毛を促進してくれます。
ヘアサイクルが整い、髪の毛が成長しやすくなるとも言われています。

このように幹細胞点滴での再生治療は、男性や女性と性別を問わず悩んでいる方が多い問題に対して、対処できる治療です。
近年、再生治療は高い注目を集めており治療を行うクリニックも年々、増加しています。

まとめ

幹細胞点滴での再生治療は、EGFなど様々な成長因子を含む薬剤を乗客に直接入れることができる治療です。
全身に成長因子が行きわたるような形になるので、効果を得やすいと言われています。
幹細胞点滴で得られる効果としては、しわなどを改善するアンチエイジングや、加齢などによる体力低下・不調、アレルギー体質の改善や薄毛など様々です。

美容だけでなく健康面でも大きなメリットを得られる治療ですので、気になった方は施術を検討してみてはいかがでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。